ラクトフェリンを食べる方法とタイミング

ラクトフェリンに副作用は?

赤ちゃんからお年寄りに至るまで、継続的に摂取する人にとっては健康を保つ上で良いことずくめのラクトフェリンですから、食品としての用途以外にも引き続き新たな分野での使用法が考え出されていくことでしょう。また新たな効能が発見される可能性もあり、さらに人気が高まっていくことが予想されます。ではこのラクトフェリンを摂取することによる副作用などはあるのでしょうか。端的に言うならば、副作用は報告されていません。母乳に多く含まれるラクトフェリンは、抵抗力が弱く、栄養吸収の体内リズムがまだ整っていない赤ちゃんの健康に寄与する自然由来の成分です。このことを考慮しても、有害な副作用が報告される可能性はこれから先もほとんどないであろう、と考えられています。

ラクトフェリンの摂取量目安とは

ラクトフェリンは大量に摂取したとしても体に変調をきたすことはないと考えられています。健康増進のためには目安として一日150mg以上が望ましく、一般的な成人であればおよそ300mgを毎日摂取するなら、安定した効果が期待できます。もし闘病中などで体力増強を目的とする場合には毎日1200mgほどのラクトフェリン摂取が勧められる場合もあります。

ラクトフェリンを摂取するタイミング

ラクトフェリンを摂取する方法はチーズやサプリメントなど色々とあるものの、一番手軽で人気があるのはやはりヨーグルトを食べることでしょう。では、ラクトフェリンの摂取に関して一番効果的なタイミングとはいつなのでしょうか。勧められているのは空腹時に摂取することです。このことを考えると、朝食の最初にラクトフェリン入りのヨーグルトを食べるのは理にかなったことと言えるでしょう。また夜就寝前にヨーグルトかサプリメントを摂取することもお勧めです。ラクトフェリンの持つ作用はおよそ24時間持続するとされていますから、一日2回の定期的な摂取によって、腸内環境をいつも良い状態に保つことができます。