ラクトフェリンで老化防止

活性酸素とは

「活性酸素は体を老化させてしまう有害なもの」というイメージを持っておられる方は多いと思います。では、そもそも活性酸素とは何なのか、なぜ老化と結び付けられているのかを考えてみましょう。簡単に言うと、活性酸素とは人間の体がエネルギーを作り出す時に生まれる副産物です。人が呼吸によって酸素を体内に取り入れると、血管を通して運ばれた酸素は食事などによって取り込まれた栄養分と反応して、運動に必要なエネルギーを産生します。このとき、取り込まれた酸素のおよそ2%が活性酸素、つまり強力な酸化を引き起こす物質へと変化するのです。

活性酸素と老化の関係性

実は活性酸素は強力な殺菌作用があるため、体内の健康維持には不可欠な物質なのです。例えばウイルスやバクテリアなどが体内に侵入してきた時には、活性酸素が働いてそれらを排除する役割を果たします。ただ、その強い酸性が正常な細胞にも作用してその表面にある膜と反応し、酸化させてしまうのです。鉄が酸化して錆びてしまうと滑りが悪くなるのと同じように、細胞もその表面が酸化してしまうと栄養分をスムーズに取り込むことができなくなり、結果として老廃物が溜まってしまった細胞は衰えていきます。これが肌の細胞に影響を及ぼすと、そばかすやしみなどの肌異常につながります。血管の細胞が老化してしまうと、心筋梗塞や狭心症などを引き起こす原因となります。

ラクトフェリンと活性酸素

ラクトフェリンにはこの活性酸素による細胞の酸化を抑制する働き、つまり抗酸化作用があります。細胞が活性酸素と反応する過程においては鉄分が必要となります。ラクトフェリンは鉄分と非常に結合しやすい特性を持つため、活性酸素が影響する前に鉄や体内に不要な金属分を吸着して体外へ排出してくれるのです。これにより細胞膜の酸化による細胞の老化をとどめることができます。さらには体内に発生した活性酸素そのものとも結びついて、過剰に産生された部分を取り除く作用もあります。体の細胞は常に栄養分と老廃物の交換を繰り返していますから、ラクトフェリンも意識して毎日定期的に摂取することで老化防止につなげることができるでしょう。